小林市にあるメガネの光学堂は

​3つの技術に力を入れています

measurement

測定技術

光学堂の検査内容

問診 (2)-min.jpg

①ヒアリング

生活スタイルやメガネの使用環境、現在の見え方の悩みなどをお伺いします。レンズは400種類以上取り揃えておりますので、お悩みを解決できるメガネにするために

とても重要な項目です。

b.png

​②利き目チェック

利き手があるように目にも利き目というものがあります。ただ単に見えるだけでなく利き目まで考慮されたメガネを作るために行っています。

c.png

③カバーテスト

片目を隠したり開けたりした時の眼球の動きを確認します。気になる動きがある人には後ほど精密な測定を行います。

d.png

④輻輳チェック

目をスムーズに内側へ寄せることができるかを確認します。スマホやパソコンなど、この輻輳力が弱いと眼精疲労のもとになることもあります。

alow.png
a.png

⑤眼球運動チェック

眼球には左右それぞれ6本の筋肉が付着しています。お互いの筋肉がバランスを保ちながら目を動かします。動体視力の基礎になり、車の運転やスポーツなどに大切な能力です。

e.png

​⑥オートレフ自動測定

最新コンピューターで測定します。お客様の目の基礎的なデータを得ます。

f.png

⑦瞳孔間距離測定

左右の瞳の中心位置を測定します。レンズの中心を目に合わせるための大切な測定です。左右の目の距離は対称でない事が多く、ここでのわずかなズレはメガネの快適さに影響します。

g.png

⑧あえてボカシて緊張緩和

雲霧法という測定手法で、わざとボケた状態にして目の緊張を和らげます。時間をかけてじっくり測定していかないと緊張が解けないことも多く、正しい度数を決めるために欠かせない手法です。

alow.png
h.png

⑨放射線テスト

一定のボヤケを維持して目をリラックスさせながら乱視の有無、方向、強さをチェックします。均等な線なのですが乱視がある目には濃淡が現れます。

i.png

⑩赤緑テスト

赤の数字と緑の数字を比べます。レンズが弱いか強いかの判断材料の一つになります。合わない度数は眼精疲労や肩こり、頭痛を起こすこともあるので慎重に確認していきます。

j.png

⑪精密な乱視補正

先に調べた乱視をさらに細かく測定します。乱視補正は見やすさと疲れに影響しますので、より丁寧に行います。

g.png

⑫再びボカシて緊張緩和

もう一度ボケた状態にして、目の緊張を和らげます。緊張した状態で測定すると強めのメガネができてしまいます。度数決定の前の重要な工程なのです。

alow.png
k.png

⑬最高視力確認

目の緊張を和らげながらじっくり丁寧に最高視力を出していきます。ここを短時間にしてしまうと正しい値が得られず強いメガネになってしまうこともあり慎重になるところです。

l.png

⑭眼位(斜位・斜視)測定

左右の目がバランスよく協力し合っているかをチェックします。目が疲れる、物がダブって見える、片目を閉じた方がよく見えるなどの原因を見つけます。

m.png

⑮融像力測定

輻輳力とともにとても大事な能力です。この融像力が弱いと両目を使うバランスが崩れやすく物がブレて見えたり、目が疲れやすくなりますので場合によっては補正を掛けていきます。

n.png

⑯深視力の確認

大型免許など深視力が条件になる場合、当店に設置してある深視力計で確認を行っています。

alow.png
o.png

⑰まぶしさチェック

白内障やレーシック後など、コントラスト感度が下がったりまぶしさを感じやすくなる場合があります。ここでは部屋を暗くしてまぶしさの有無をチェックします。

p.png

⑱近見視力チェック

加齢により手元が見づらくなってきます。ここでは、近くの見え方もチェックしていきます。最近は若い人でも近見視力が低いことがあります。「スマホ老眼」はまさにこのことです。

q.png

⑲調節ラグ、調節力の測定

手元も見るときに無意識に働くピント調節筋の働きを測定します。40歳代に入るとこの筋肉の衰えを自覚してきます。

r.png

⑳仮メガネでの見え方確認

測定したピッタリの度数、お客様の日常生活、今までのメガネ度数、などなどを総合的に勘案して導き出した度数での見え方確認を行います。

※メガネ測定の一例です。お客様に合わせて測定を行っております。

メガネは「見える」ことだけがすべてではありません。

視覚情報を脳へ伝える過程で重要になるメガネ。

毎日使用するものだからこそ眼精疲労を引き起こさない

目にやさしいメガネをご提供したいと考えています。

眼科病院で経験を積んだ国家資格の視能訓練士が

認定眼鏡士とともにお客様にピッタリの見え方に

合わせていきます。

検査5-min.jpg
4グラデ.png
 
fitting

調整技術

img_fitting (2)-min.jpg

POINT

1

光学的要素

s.png

POINT

2

力学的要素

seemax01-1-min.jpg

POINT

3

美的要素

01

​光学的要素

レンズの性能を100%発揮させるためには目とレンズの位置を正しく合わせることが重要です。
​お顔の形状は一人ひとり違うため、その方に合わせて調整をしていく必要があります。
前傾角

​目に対する

レンズの動き

そり角

視線とレンズの

光が通る軸の

​位置合わせ

角膜頂点間
距離

目とレンズ

​との距離

アイポイント
の高さ

目の中心と

レンズ光学

​中心の位置合わせ

瞳孔間距離
​と光学中心

左右の目の幅と

レンズ光学中心の

​位置合わせ

02

​力学的要素

掛け心地を快適にさせる上でもメガネ調整は重要です。
​お顔の形状は一人ひとり違うため、その方に合わせて調整をしていく必要があります。
鼻もとの
​当たり具合

鼻パッド全体が鼻根部に均等に当たるように調整する

耳まわりの
​当たり具合

モダン部全体が肌に密着するように調整する

テンプルの
​しなり具合

テンプルがお顔に触れた部分に圧力を掛けず均等に調整する

03

美的要素

見た目にも美しく保つためにもメガネ調整は重要です。
​お顔の形状は一人ひとり違うためお客様に合わせて調整をしていく必要があります。
フレームの
​高さ

お顔に対してメガネの下がり具合、上がり具合のバランスを整える

フレームの
​左右の傾き

お顔とフレームの

傾きを整える

メガネの度数が決定して終わりではありません。

細かく測定した度数でも、性能のよいレンズでも

簡単なフィッティングで済ませてしまっては

100%の見え心地はつくれません。

掛け心地が悪いだけでなくボケ感や歪みといった

見え方にも影響を及ぼします。

当店には、長くフィッティング技術を磨いてきた

1級眼鏡作製技能士が在籍しています。

「かけていることを忘れさせるメガネ」を目指す

メガネの光学堂にお任せください。

IMG_3253-min_edited.jpg
4グラデ.png
 
 
 
 
processing

加工技術

加工1 (1).jpg
NIDEK加工機 (1).jpg
IMG_3290-min_edited.jpg

当店では、より高度な技術でお客様にサービスを提供できるよう

スタッフ全員が定期的に社内研修や勉強会を行うこと で

メガネの知識・技術の向上に日々努めています。

指さし (1).png
4%25E3%2582%25AF%25E3%2582%2599%25E3%258

最近のメガネは機械を使うことにより短時間で

製作できるようになりました。弊社でも最新の

機械でレンズを削っていきますが、

​最終仕上げは必ず手作業で行っています。

機械だけでは、細かな部分の加工に限界が

あるからです。

そして、心を込めて丁寧に作り上げていきます。

IMG_3236-min.JPG
4グラデ.png