​会社紹介

ごあいさつ

メガネの光学堂・小林補聴器センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

弊社は昭和 34 年創業以来、【お客様に信頼されるメガネ・補聴器店】をモットーにお客様お一人お一人に合ったメガネと補聴器を提供させていただいております。

弊社は眼鏡業本来の仕事とは「人々に快適な”視”生活を提供すること」だと考えております。

そのためには、私ども眼鏡技術者は高度な専門知識と技術を身につけていなくてはなりません。

私ども夫婦は、国家資格である視能訓練士として名古屋市の眼科病院に長く勤務し、斜視や弱視の訓練等に携わってきました。

これまでの経験を十分に活かして高度な専門技術と医療的技術を兼ね備えた眼鏡アドバイザーとして、

小林市の地域のみなさまに快適な“視”生活のお手伝いさせていただくことで社会貢献していきたいと考えております。

 

また、メガネの光学堂本町店では、小林補聴器センターとして補聴器の取り扱いもしております。

補聴器に関しましても認定補聴器技能者資格を持つスタッフが、お客様の暮らしに合わせて最適な聞こえをご提供させていただきます。

今後も地元のメガネ・補聴器専門店として、いつでも安心してご来店いただけるお店を目指していきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

せとぐちメガネ店.png

弊社前身の瀬戸口時計眼鏡店

せとぐちメガネ 検査風景.png

当時、県内でも珍しかったビジョンテスターを使用して測定する創業者

​代表者プロフィール

​瀬戸口 博紀

(せとぐちひろのり)

​宮崎県小林市出身

国家資格 視能訓練士

​国家資格 看護師

瀬戸口博紀.jpg

日本眼鏡技術者協会 国家検定資格 1級眼鏡作製技能士

所属学会

日本弱視斜視学会

日本小児眼科学会

略歴

平成17年 九州保健福祉大学 視機能療法学科 卒業

  同年 国家資格 視能訓練士免許取得

平成17年~24年

 医療法人社団同潤会 眼科杉田病院(名古屋市)勤務

平成25年 日本眼鏡技術者協会 認定眼鏡士SS級取得

平成27年 藤元メディカル看護専門学校 卒業

  同年 国家資格 看護師免許取得

​令和4年 国家検定資格 1級眼鏡作製技能士取得

代表者の学会発表 (筆頭演者及び共同演者)

眼振阻止症候群の長期経過観察の報告

          (第 66 回 日本弱視斜視学会)

間欠性外斜視に対する視能訓練の有効性について

          (第 67 回 日本弱視斜視学会)

周期性外斜視に対する Prism 療法の一例

          (第 68 回 日本弱視斜視学会)

医学論文掲載雑誌

2011 年第 4 巻第 1 号(眼科臨床紀要)

2012 年第 5 巻第 1 号(眼科臨床紀要)

2013 年第 6 巻第 2 号(眼科臨床紀要)

 

スタッフ紹介

瀬戸口敦子.jpg

瀬戸口敦子

(静岡県湖西市出身)

国家資格 視能訓練士

名古屋市の眼科杉田病院で視能訓練士として視力・メガネ検査を行ってきました。また、大人の方だけでなく、お子様と一緒になって弱視や斜視の訓練も頑張ってきました。視能訓練士として、メガネ店として、お子さま方の大切な目をお守りできるよう私たちもお手伝いをさせていただきます。

​内村修一

(小林市出身)

認定補聴器技能者

いつまでも気持ちだけは一番の若手です!お客様の「聞こえ」と「カッコイイ!と言われるメガネ」に全身全霊を持ちましてご協力させていただきます!補聴器のこと、メガネのこと、お気軽にご相談ください。

内村修一.jpg
内村千代美.jpg

内村千代美

(小林市野尻町出身)

認定補聴器技能者

補聴器に携わって19年になります。補聴器をすることでお客様が笑顔になられることがなによりもうれしいことです。丁寧な接客とご説明を心がけておりますので、ぜひご相談ください。

倉岡啓一

(小林市出身)

メガネ販売アドバイザー

当店で眼鏡の仕事に従事して42年目を迎えます。その間、四世代に渡りご来店くださるお客様もいらっしゃるようになりました。これまでの経験を活かしてお客様のお困りごとに的確なアドバイスができることはもちろんですが、それに信頼と安心をプラスできるような接客を心掛けています。

倉岡啓一.jpg

門松勇生

(小林市出身)

メガネ販売アドバイザー

小さな頃からずっとメガネの光学堂にお世話になってきました。大好きなメガネを、今度はスタッフとしてお客様と一緒に楽しくお話をしながらピッタリのメガネを選ぶことができたらと思っています。

門松勇生 (1).jpg
大久保英輝アップ.jpg

大久保英輝

(えびの市出身)

メガネ販売アドバイザー

勤続年数33年目を迎えました。いつの間にか遠近両用レンズを使用しなければ読書もできない年齢となりましたが、だからこそ遠近両用レンズの見え心地には気をつけています。

慣れやすいレンズ、掛け心地のよいメガネとなるよう徹底して調整させていただきます!