メガネの光学堂

キッズフレーム

メガネ装用の大切さ

一般に、こどもの視覚の感受性期は、8歳くらいまでと言われています。その間に屈折異常などにより鮮明な像が網膜に届いていないと弱視になることがあります。弱視を引き起こす屈折異常であれば矯正しておくことがとても大切になります。

また、屈折異常が原因で斜視になることもあります。斜視になると両目を同時に使う機能(両眼視機能)が発達しません。両眼視機能は3歳の終わりごろには完成するとも言われています。両眼視が成立するためには、両眼に大きな視力差や左右の目に映る物の大きさに差がないこと、そして、顕性の斜視がないことが重要です。

このように斜視や弱視は屈折異常と深く関係することがありますので、眼科の先生の指示のもとお子様に合ったメガネを正しく装用することが大切です。

メガネの光学堂では、お子様がきちんとしたメガネを掛けられるよう、正しい知識と技術を身につけた視能訓練士と認定眼鏡士がお手伝いさせていただきます。

眼のしくみと働き

正常な
目の見え方

「角膜」と「水晶体」がレンズ、「網膜」がフィルムの働き。

屈折異常のない、正常な見え方の状態を「正視」といいます。正視は、目に入ってきた光線が正しく屈折されて、目のフィルムである網膜に正しく像を結んでいる状態といえます。

正視

屈折異常とは

近視、遠視、乱視は「屈折異常」です。角膜のカーブや、水晶体の柔らかさ、眼の長さ(奥行き)などの違いにより、ピントが網膜の前後にずれている状態を屈折異常と呼びます。

近視とは

遠くのものが
ハッキリ見えない

近視の場合、網膜の手前にピントが合ってしまいます。近視の度数にもよりますが、近くのものはよく見えるものの、遠くのものはボヤケて見えません。

屈折性近視 軸性近視

遠視とは

遠くを見る時も
ピント合わせが必要

遠視の場合、近視とは逆で、網膜の後ろにピントが合うため、遠くのものも近くのものもボヤケてしまう場合があります。常に目のピント調節が必要で、目が非常に疲れやすい様態です。

屈折性遠視 軸性遠視

乱視とは

ものがボヤケたり
ゆがんで見える

乱視は角膜や水晶体のゆがみから、光の方向によって屈折が異なっているため、丸いものが楕円に見えたり、縦線はよく見えても横の線はボヤケて見えたりします。

乱視

屈折異常は
なぜ起こるの?

屈折異常が起こる原因は、大別して2つあります。1つは成長過程や環境の影響により多く現れる「屈折性タイプ」です。特に近視では、手元の距離での読書やパソコン等での作業負担に関係が深いと言われています。

もう1つは、角膜から網膜までの目の長さのことを「眼軸」といいますが、この眼軸が長くなったり、短くなったりすることによって現れる「眼軸タイプ」です。この原因には、遺伝の影響が強いと言われています。

眼のしくみと働き

老視とは

老視は「調節力の衰え」です。

老視とは目の中にあるピント合わせをするレンズが、加齢とともにピントを合わせる力が低下してきた状態をいいます。一般的には45歳位から日常の読み書きに不自由を感じ始めます。対応としては老眼鏡を利用することによって疲労もなく快適な視力は得られます。