メガネの光学堂

キッズサポート

小児治療用眼鏡の保険適用

小児の弱視斜視及び先天性白内障術後の屈折矯正の治療として用いる眼鏡及びコンタクトレンズは、各保護者(健保組合、社保、国保)より療養費の支給が認められます。

対象者・必要事項・申請方法につきましては以下のとおりです。

対象年齢
9歳未満
支給上限

眼鏡 38,461円(2014年4月1日改定)

この額を上限として7割または8割が支給されます。

再給付の条件

5歳未満ー前回給付から1年以上経っていること

5歳以上ー前回給付から2年以上経っていること